20170130
今回は私は出演していませんが、連続出演記録は4本で潰えましたが(笑)、宣伝協力です!
一昨年よりお世話になっている巨匠・荒木太郎監督の新作が、2月3日〜公開になります!
神納花さんや牧村さんや野村さん等、おなじみの面々が出演しています。稲葉さんが弁士って、どーいうこと!?


ジョン・ハートを悼み、『オックスフォード連続殺人』(アレックス・デ・ラ・イグレシア)をDVDで観賞。
戦火のなかで「論理哲学論考」を執筆するヴィトゲンシュタイン。このオープニングから引き込まれる。登場人物たちのすれ違いをワンカットの長回しで見せるところとか、アレックス・コックスの怪演とか、裸エプロンからのパスタ女体盛りとか、見どころ満載!😁💕
スポンサーサイト

20170128
そうか、ジョン・ハートまでもが…。
一般的には『ミッドナイト・エクスプレス』とか『エレファント・マン』とかのイメージだろうが、私は『スケルトン・キー』や『オックスフォード連続殺人』のジョン・ハートが大好きだ。

20170129
天ナス過去絵、作品群。

20170126
昨年末より、毎日日記(ブロ愚)を書こう!と奮い立ったはいいが、そうそう毎日なにかがあるわけではない。
と言うか、ここに書けないことのほうが多い‼️😁
そもそも、日記を公にしようなどという発想がどうかしているのだな。
それこそ、愚の骨頂。ブロ愚の骨頂。

20170127
様々なことが同時進行している。
暖かい陽射しに後押しされる。
それにしても、テレ東の深夜ドラマは面白いなぁ。『バイプレイヤーズ』は言わずもがなだが、まさかアノ首くくりたくぞうさんが芦田愛菜ちゃんと共演する日が来るなんて! しかも地上波で。
そー言えば、たくぞうさんが山下敦弘監督から「スカウト」されたときのお話を、以前たくぞうさんのお宅でご本人から直接聞いたことがある。松ケンとCMで共演したときの話。あのときも驚いたなぁ。昨年亡くなった黒沢美香さんもいっしょに聞いていて、笑っていたよ。
出演した某Vシネの監督より連絡あり。もうすぐリリースされるかな。

20170125
FETISH‼️

20170124
「映画秘宝」を読み、私も2016年に観た映画を自分なりに振り返ってみた。あまりたくさん観ていないが、とくに印象に残っているのは以下の8本(順不同)。
『クリーピー』『ヒメアノ〜ル』『ズートピア』『シン・ゴジラ』『エクス・マキナ』『コップ・カー』『ヘイトフル・エイト』『手紙は憶えている』
『手紙は憶えている』については、あのブラック師匠が1位に挙げているのが驚き。
先週観た赤堀雅秋さんの舞台がとても面白かったので、DVDにて映画『その夜の侍』を観る。
すごくいい。大好きだ。『世界』を観たとき同様、今作にも好きなシーンがたくさんあった。工場とかカラオケとかキャッチボールとか、タバコとかカップラーメンとか、ポテトチップの袋が開かなくてブチ切れるところとか、セックスしてぇ〜って叫ぶところとか、警備員の女の子とヤっちゃうところとか、志集(詩集)を売る老人とかホテトル嬢とか、でんでんさんとかトモロヲさんとか。とくに山田孝之がサイコー。
台詞や小道具や動作の細かいひとつひとつが、さりげなく深い意味を持っていて、そこがなんともパセティック! 観終わってから、いろいろ考える。人と人とのビミョーな関係性について。「なんとなく生きている人間」がいちばんコワイ、いろんな意味で。劇中の台詞じゃないが、「人がいる」って、いい空間だし、いい時間だな…なんつって。
本当に遅ればせながら、いまさら、いまさら赤堀作品にハマってしまった。7月の新作公演も観に行くしかない。

20170123
あーヒマだ。
我が家の動物たち(熊軍団)と戯れる。
左より、義男、玉男、夢男、七男、桃男。


「映画秘宝」の2016ベスト&トホホ10。
我が出演作、『溺れるふたり ふやけるほど愛して』(荒木太郎監督)が、2016ピンク映画ベスト10の第6位!!!(*^◯^*)
なんとも喜ばしい限り‼️😁

20170121
きょうは、美味しい糠漬けをツマミに、日本酒🍶


左足の親指のうえに、家具を落とした。たいしたことないが、痛ぇ…。

20170122
曜日の感覚が無い。きょうは何処で誰となにをするんだっけ。しばしぼーっとした後、ふと我に返る🐸
とりあえず、喫茶店で書き物。

20170120
お手紙(礼状)を2通書く。
せっかくの金曜日だし、飲みに行きてぇが、きょうは誰からも誘いが無いなー。こっちから声かけてみればよかったか…。
ミゲル・ファーラーの訃報に泣く。『ロボコップ』のモートンは最高だった。

20170119
一昨日観た芝居があまりにも素晴らしかったので、描いた。シアターコクーン『世界』(赤堀雅秋作・演出)。


お正月に読もうと思って買った「コミックビーム」1月号を漸く読了。あと、いまものすごく読みたい小説があるのだが、まだ読んでいない。
ケータイが鳴っていたので出たら、某女子。
「しもしも〜、石黒賢〜?」
とか言ってやんの。面白いので許す。

20170117
26年前に亡くなった父の誕生日。生きていれば75か。私は今年、父が亡くなった年になる。
新宿ベルクで昼ビール🍻💕
「ベルクに行けば、会いたい人に会える」
という内容のことを、井野店長が今月のベルク通信に書いている。とても良い記事だ。首肯しながら読む。実際に私も、ベルクがご縁で映画に出たりしているのだから。出会いがすべてである。何処で何がどうなるかは、誰にもわからない。でも、ベルクに行けば往往にして物事は良いほうに運ぶ。そんな出会いがある、と私も信じている。
きょうは会いたい人に会えなかったけどね…😁
新宿から渋谷まで歩く。
シアターコクーンにて、赤堀雅秋作・演出『世界』を観賞。
出演者がインフルエンザに感染したため、初日から4公演が中止となったが、その後無事に幕が開いたようで一安心。
あまり大きな声じゃ言えないが、某関係者より招待をしていただいた(とても良い席でびっくり)。故に、出演者以外なんの予備知識も無く、(大変失礼だが)さしたる期待も無く観た。もちろん、赤堀さんの舞台を観るのも初めて。そしたらこれが、激烈に面白く、(重ね重ね失礼な言い方だが)とても大きな拾い物だった! これまでもコクーンで数多くの舞台を観てきたが、いままでコクーンで観た芝居のなかで、いちばん良かった。N川よりも、K田よりも、Kラよりも!!!
大劇場に媚びない、小劇場的な芝居作り。それでいて、ちゃんと「コクーンの商業演劇」として成立しているところがまたニクい。ホンが非常に繊細。過剰な説明台詞や余計な演技など一切無い。その分、観客の心に響くものは大きい。出演者が全員素晴らしい。ダメな役者がひとりも居ない。皆が主役。
『世界』という大仰なタイトルだが、描かれているのはとても小さな「世界」。自分の「世界」に居る人間は、皆とても愛おしい…💕 素敵だ。
2時間10分、集中しっぱなし。まったく粗の無い、完璧な芝居を久しぶりに観た。
夜は日本酒と湯豆腐🍶🍲


20170118
昨日観た芝居の余韻に浸り、きょう一日、とても幸せな気持ちで生きることができた。たかが演劇、されど演劇。

20170114
特記事項なし。
と言うか、きょう一日なにをしていたのか、まったく覚えていない。

20170115
一日中、いろんなことを考えていた。

20170116
虫明亜呂無氏の『女の足指と電話機』(中央公論新社)を読んでいる。
そのなかに、グザヴィエル・ゴーチェについて言及している項があり、驚いた。ゴーチェとデュラスによる対話を収めた『語る女たち』(田中倫郎訳、河出書房新社)という本があるらしい。ゴーチェと言えば、『シュルレアリスムと性』(三好郁朗訳、平凡社ライブラリー、2005年刊)が私は大好きで、本書はもはや我がバイブルと化し、もう擦り切れるほど熟読している。ゴーチェについては、本書以外にはまったく認識が無く、『語る女たち』のことは知らなかった。虫明亜呂無氏は、昭和50年の「スポーツ・ニッポン」に連載していたコラムのなかで、すでにゴーチェのことを書いていたのだ。

20170111
新宿ベルクへ。今年初ベルク🐷
次は来週火曜の昼かな🍺💕
新宿から池袋まで歩く。
東京芸術劇場にて、コンドルズ観賞。
嫁が昨年より近藤さんのワークショップに参加している関係で、初コンドルズ🍩🐔
カッコよくて、サイコーにくだらなくて、最後には感動。おっさんたち、カッコイイなぁ。
オリジナルTシャツ購入‼️💕


20170112
吉祥寺で、3人で飲む。6時間くらい👬💁🍶💕

20170113
昨日と同じ店の、昨日と同じ席で、昨日の3人、+1名💖で飲む。5時間くらい👬💁👧🍶💕
四コママンガを連載している雑誌が届く。牧瀬茜さんの連載と同じページ😃
2コマ目まで↓

続きは誌面で!
『街から』(街から舎)、新年第1号発売中〜‼️

20170104
DVDで『少女椿』観賞。わりと良く出来ていると思う。これなら原作ファンからの文句もそう多くは無いだろう。しかしフィルマークスの評価は厳しい。
お酒ばかり飲んでいる。
観たい映画がたくさんある。
きょうはお洗濯をした。

20170105
Wi-Fiのつながる行きつけの喫茶店。隣席にカッコイイおじさん。麿さんだった。
喰っちゃ寝、飲んじゃ寝、ダラダラダラケ。
まだまだ賀状が来る、出してない人から。返事書き。
DVDで『エクス・マキナ』観賞。すごく面白い。ポロックの絵が効果的に使われているところも好き。監督はアレックス・ガーランドか。覚えておこう。

20170106
特記事項なし。
不甲斐ない一日。

20170107
昨日よりはマシな日だった。

20170108
白石和彌監督『日本で一番悪い奴ら』をDVDで観賞。みのすけさんが上手い。
知人が出演している2時間ドラマを観る。

20170109
誤解を恐れずに敢えて言うが、
あの馬鹿、ホント死なねぇかな⁉︎ あぁ、ぶっ殺してぇ〜!
…と思う。いや、ただの冗談。
閑話休題。
とても不思議な夢を見る。ここには書かないよ。ブロ愚とかに自分が見た夢の話を書く奴がたまにいるが、ホントにクソつまらん。他人が見た夢の話ほどつまらんものはない。

20170110
DVDで『秘密』観賞。役者が皆カッコイイ。カッコ良すぎ。故に薄っぺらい。自分の抽斗のなかにある、なんとなくそれっぽい演技をしながら、台本に書いてある台詞をただ言っているだけ。そんな風にしか見えないんだなー。

20170102
4日ぶりに帰京。
実に贅沢な年末年始を過ごさせていただいた。
喰いまくり、飲みまくり、遊びまくり。
散財してこそのお正月である!

20170103
年賀状を書く。
数十枚を手書き作成。投函📮

20170101
賀正🎍
プロフィール

天才ナカムラスペシャル

Author:天才ナカムラスペシャル
アーティスト、役者、作・演出家、文筆家、など。
通称、天ナス。
1968年生まれ。日本大学藝術学部演劇学科出身。80年代後半より役者として多数の舞台・映像作品に出演。99年より「天才ナカムラスペシャル」の名でアート活動を開始。
個展、イベント出演、野外パフォーマンス、舞踏家や映像作家とのコラボレーションなど、多数。
2015年より、荒木太郎監督の映画に連続出演。

ツイッター: http://twitter.com/ten_nas

■近年の主な活動■
映画『色慾怪談 ヌルッと入ります』(荒木太郎監督) 出演(2016)
映画『溺れるふたり ふやけるほど愛して』(荒木太郎監督) 出演(2016)
映画『やわ乳太夫 月夜の恋わずらい』(荒木太郎監督) 出演(2016)
映画『息子の花嫁 いんらん恋の詩』(荒木太郎監督) 出演&劇中画(2015)
個展「優しい狂気展2」新宿ベルク(2014)
朗読劇『宮沢賢治の夜』出演(2014)
朗読劇『ヴィクトリア駅』出演(2014)
舞台『インディペンデント宣言』出演(2013)
など

★出演・原稿の依頼等は下記宛へお願いします。
■天才ナカムラスペシャル事ム所■
ten_nas9912@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR