20160601
6月か。
なんだかさいきん交友(交遊)関係が少し拡がり、天ナスのブロ愚は面白いから読んでいます、と言ってくれる人がときどきいるので、たまにはちゃんと書かねばと思う。書いているほうとしては、公開を目的として書いた日記など、所詮は駄文の垂れ流しに過ぎず、掲載したそばから削除したくなるというのが本音なのだが。(じっさい削除しているし。)まあいいや。

さいきんのこと。
さくらんぼ狩りに行った。ちょ〜楽しかった🍒🍒🍒

某日、荒木太郎監督が黒テントの『阿部定の犬』を観に吉祥寺まで来たので、ついでに会う。
6月10日公開作のチラシをいただく。
さっそくDM書き。メールと郵便でお知らせを送りまくる。すぐに返信がたくさん来る。好反応だ。いつも観に来てくれる連中は、今回もまた来てくれそうで、本当にありがたい。今回は舞台挨拶等のイベントが無いので、12日の昼に私が友人連中を引き連れて、みんなで観に行くことになった。で、上野でまた飲む。いまから楽しみでならない🍶🍻

それにしても、近年はすっかり映画づいている。(主にR18指定の作品が多いが…。)
別に映画業界に転向したという訳でも無いのだが、それでも、さいきんの生活は映画の仕事中心に回っているという感じだ。とりあえず、需要がある仕事はありがたい。いい感じだ。
ところで、来週クランクイン予定の新作映画の台本が未だ届かず、役の詳細も定かではない。このドキドキ感がまたたまらないのだな。
と思っていたら、やっと来た。次は大作(!?)。呼んでいただいただけで感謝!

さいきんDVDで観た映画。
『クラウドアトラス』と、五社の『薄化粧』。あと、キングの『ザ・スタンド』(テレビ映画版のやつ)。昔からゲイリー・シニーズが大好き。

読書。
コリン・ウィルソン『性のアウトサイダー』(鈴木晶・訳、中央公論新社)を再読。これまた、我がバイブル。

某日、健康診断を受診。
体重と腹囲が減ったのは良かった。生活が安定してきている証拠だ、たぶん。
身長が1センチ縮んだのは解せぬ。
スポンサーサイト
プロフィール

天才ナカムラスペシャル

Author:天才ナカムラスペシャル
アーティスト、役者、作・演出家、文筆家、など。
通称、天ナス。
1968年生まれ。日本大学藝術学部演劇学科出身。80年代後半より役者として多数の舞台・映像作品に出演。99年より「天才ナカムラスペシャル」の名でアート活動を開始。
個展、イベント出演、野外パフォーマンス、舞踏家や映像作家とのコラボレーションなど、多数。
2015年より、荒木太郎監督の映画に連続出演。

ツイッター: http://twitter.com/ten_nas

■近年の主な活動■
Vシネマ『未来世紀アマゾネス』(友松直之監督) 出演(2017)
映画『色慾怪談 ヌルッと入ります』(荒木太郎監督) 出演(2016)
映画『溺れるふたり ふやけるほど愛して』(荒木太郎監督) 出演(2016)
映画『やわ乳太夫 月夜の恋わずらい』(荒木太郎監督) 出演(2016)
映画『息子の花嫁 いんらん恋の詩』(荒木太郎監督) 出演&劇中画(2015)
個展「優しい狂気展2」新宿ベルク(2014)
朗読劇『宮沢賢治の夜』出演(2014)
朗読劇『ヴィクトリア駅』出演(2014)
舞台『インディペンデント宣言』出演(2013)
など

★出演・原稿の依頼等は下記宛へお願いします。
■天才ナカムラスペシャル事ム所■
ten_nas9912@yahoo.co.jp

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR